男の人

処分に困ってる故障車は一度専門業者に査定してもらおう

事故をしてしまった場合

交通事故

どの程度なら車を売れるか

車が事故してしまった、いわゆる事故車は廃車にする方法以外に、専門業者に買取をお願いする事も出来ます。まず事故車の定義とは交通事故や災害により、車の重要な骨格部分である、フレームやインサイドパネル・ピラー等の7か所の内1か所でも修理や交換をした場合に事故歴となります。これは中古自動車査定基準で定められています。事故車によっても軽微な修理で動くものから、かなりの費用を出して直さなければならないものまであります。事故歴がある場合でも一応買い取ってはくれますが、一般的な相場のおよそ60%ほどの相場と言われています。買取業者は様々いますが、事故車・事故歴の車の買取を拒否したり、または安く買いたたく業者もいます。そこで一括査定が出来るサイトを利用し、複数社に査定を依頼する必要があります。これにより買取額を比較できます。なお、買取業者に依頼をせずに廃車にした場合は永久抹消登録申請書等の書類以外に廃車費用がかかります。ディーラーに買取をお願いすると、レッカー代や処分代として5万円程度がかかります。このような費用が買取をお願いするとかかりませんので業者を活用するメリットは十分高いと言えます。買取にあたっての必要書類は車検証の他、自賠責保険、そして印鑑証明書・実印が必要です。これ以外にもリサイクル券や自動車税の納付証明書が必要となります。事故を起こしてしまった、または事故車だからすぐに廃車にせずにまずは業者に一報を入れて相談をする事が重要です。